FC2ブログ

RSS|archives|admin

原発反対 高円寺デモ

2011.04.16 Sat


38.jpg

15.jpg

高円寺の『4.10 原発やめろデモ』に親子3人で行ってきました。
デモに参加したのは初めて。







高円寺で反原発デモ


集合場所の公園に行くと、見えないけど、
恐らくソウルフラワーユニオンのメンバーによると思われる
「平和に生きる権利」の演奏が聞こえ素晴らしかった。

凄い人・人・人で、行く前はキリンになってディジュリドゥ吹きながら、
プラカード持って行進しようかと思ってたけど、
子連れで、人が多かったのもあり、普通に歩きました。

イメージ的に、殺伐とした雰囲気や、警官とケンカとかを頭に浮かべつつ、
子連れなので状況を見てと思ってたけど、

いざ行ってみると、いたって和やかでピースフルな雰囲気。
恐らく普段デモとかに参加してない人が殆どだったんじゃないかな。
帰ってから、「にわか」だとか、「デモじゃなくパレードだ」、
などの批判的な意見をネットで見たけど、
デモじゃなくパレードだなんて素晴らしい。
反対のデモなら躊躇するけど、反対のパレードなら参加したい。
ピースフルに反対できたら1番いいと思う。
「にわか」がデモをするなんて、素晴らしい。
「にわか」でもデモを考える状況だということ。

攻撃vs攻撃じゃ、ぶつかるだけで何も進まない。
そうゆう活動をガンガンやってるわけでもなければ、
特に何かの団体が絡んでるわけでもない、
ごく普通に生活してる人達が1万~2万人、
同じように悩んで、どう考えてもこれはイヤですと集まったのかもなぁと思ったり。


最近、テレビで野菜などに関して、「風評被害」ってよく言ってるけど、
基準値を上げたり、わかってることをすぐに発表しなかったりと、
何を信用すればいいのかわからず、
それで自己防衛となれば、安全かどうかハッキリしない食べ物をわざわざ買うわけがない。
風評被害ではなく、状況被害とでもいった方が正しいのでは。

被災地周辺の野菜を捨てたいわけじゃなく、農業漁業の人は有り得ないくらい気の毒だと思うし、協力したいし、
義援金も出すけど(どこの団体に払うか調べて、ユニセフも赤十字も結局すぐに義援金が被災者に渡るわけではないというのを知り、でも調べてて遅くなるよりはいいかと思って赤十字に出したけど、やっぱり分配等が決まらず、なかなか渡らないというニュースを見てガックリ)、
子供にリスクのあるバクチはしたくないし、数年後にどうなるのかわからなすぎ。

テレビなどでは、さも消費者の過剰な反応が悪いという論調だけど、
悪いのは消費者じゃないでしょ。
消費者が悪いというイメージを見せて、買わせようという感じがする。
数値をシールで貼ってくれれば(「基準値以下です」とか言われても、基準値自体が変動するとなれば、子供がいる親は悩む)、判断して買うのに。


1988年の、朝まで生テレビ「原発特集2」がYoutubeで見られますが
(東電と、反対派の討論。これ夜中に見始めて、朝まで見ちゃった…)、

今回問題になってることの殆どが当時すでに指摘されていて、
なんでこれだけわかっていたのに、推進されたのかと思うと、なんともかんとも。

更には、国会でも地震や津波に関して5年前にハッキリと指摘されていたのに、
大丈夫と言い張り、何も対策しなかったという話も。
きっこのブログ


マユタンさんのブログに、エネルギーや原発に関して、
色んなリンクがまとめられていてわかりやすいです。
今後のエネルギーとのつきあい方【前編】
今後のエネルギーとのつきあい方【後編】


福島県北部エリア放射線レベルマップ

原発に関して調べててビックリしたんだけど、
CO2による地球温暖化がデマだったとか
クライメートゲート事件というそうな。クライメイトゲート事件って結局、何?  不正発覚!?クライメイトゲート事件  Climategate事件と日本の報道機関の無能)、
ヒマラヤの氷河が2035年に溶けるってのはデマだったとか
(ヒマラヤ氷河事件というそうな。 ヒマラヤの氷河大嘘事件 IPCCの報告書に根拠のない記述 )、
どちらも海外では有名なデマらしいけど、デマだったなんて全然知らなかった。
どっちも、学校の教科書で読んだ気がするけど、デマだったならガッツリ訂正を発表してほしい。

原発推進の一つには、環境のことがあるけど、
これらのデマが、もし原発推進と絡んでるとしたらゾッとするなぁ。
色んな情報が結局、何かに絡んでそうで、何を信じたらいいのやら。


政治とかに興味を持たずに暮らしていきたいなぁ
関連記事


Category:▼ニュース | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<明日はハテナデリカ! | HOME | 砂原良徳『Liminal』聴きました>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://doiuroco.blog85.fc2.com/tb.php/390-628cc123