FC2ブログ

RSS|archives|admin

タバコジュース

2005.10.22 Sat
今年か去年にメジャーデビューした、 タバコジュースというバンド、
2001年の初めて企画をやった「規格外」に出てもらったことがありました。

この頃に在籍していたドラマーの斉藤くんが古い知り合いで、
そんなわけで、 タバコジュース結成当初くらいの時の、
スタジオのテープをもらったこともありました。
(Vocalの松本くんが入った時とか、バンド名とか、リアルタイムで聞いてたのが懐かしい)

それはまだグチャグチャで、歌って感じではなかったなぁ。
何度かライブ見たこともあり、
2000年くらい?にライブ見たら、すっかりまとまって
方向性がハッキリしてグッとよくなっていて、 そんな流れで出てもらったのでした。




音だけ聴くとわからないのだけど、
Vocalの松本君はステージを動き回りながら歌ったり、
面白いキャラしてました(最近は見てないのでわからず)。

アルバム借りて聴いてみました。
アルバムの三分の一くらいが、その頃からやっていた曲で
(最後に見た時から4年くらいたってるけど)、
その頃、特にいいなと思った「オレンジ」という歌が入っていて、やっぱり「オレンジ」よかったです。

歌詞に「あまりにもバカなことを叫んだ 瞳孔が開いたままの君を
全ての人々は バカにし背を向けてきたけど
一つだけ言っとくよ 僕は君を誇りに思うぅ」
という部分のライヴでの熱唱が凄い頭に焼き付いてます。

松本くんの歌詞は、メロディに面白い言葉の載せ方をしてるところが幾つかあって、
日本語を面白く使っていていいです。 歌詞を分解してメロディに載せるような。
「いつか行くのさ」という歌詞を、「イツ!!カイクノサ!」とか。なので、よくor何度か聴かないと、
もしくは歌詞を見ないと、意味がわからなかったり。

静かな曲でサビで激しくなり、
「暗闇で光る ピカピカの靴を履いて 君は光るピカピカの~」という歌詞で
、「ピカピカ」って言葉だけを強調して歌って連呼するところも素敵。

「規格外」に出てもらった時、アホパンクユニット『前衛ボタン』が面白かったようで、
松本君が「前衛ボタン反則ですよ!面白過ぎ!」みたいなこと言ってたのが懐かしいなぁ。

この頃前後に少しずつ濃くなっていってたダブ色は、
メジャーになってのアルバムを聴くと殆んどなくなっていて、
あ~そうなったんだぁと思いました。

何年か前に、ドラムやってた斉藤くんがクビになり (理由はわからず)、
他のドラムになっていて、いつのまにかベースも抜けたようで、
ほんのりマニアックだった部分が抜けて、
スッキリ&一般的になったような印象でした。
でも別にそれでマイナスになった気はせず。
元々、松本君の歌やキャラが売りだったので、
それをわかりやすく聞かせるということなのかも。

もうすぐ2枚目のアルバムが出るようで、 そっちは昔の曲は「パーティブルース」くらいで、
恐らく最近の曲ばかりと思われ、 どんな感じなんだろなぁとちょっと気になる。
最近のライヴも全然想像つかないなぁ。 見たいような見たくないような。
関連記事
Theme:本日のCD・レコード | Genre:音楽 |
Category:▼CD/DVDレビュー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ジョアンナ・ニューサム!お寺ライブ!レポ | HOME | マニ・ノイマイヤー来日!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://doiuroco.blog85.fc2.com/tb.php/188-d56cfe8a