FC2ブログ

RSS|archives|admin

konono no.1 @野音

2006.08.28 Mon
コノノ!コノノ!コノノ!コノノ!コノノ!
昨日は野音へ、konono no.1を見てきましたっ

や~カリンバの音のかわいさと暖かさにまずKO
ライブが始まった瞬間、楽器のバランスのよさ
(音域とかに違いがあって6人でうまいことレンジ広く)と、
体が自然に動くグルーヴにKO

「オドリマショー!」「アリガトゴザイマス!」等の
日本語大連発の凄まじい和み感に腰砕けKO

どこの星?国?島?で見てるライブなのか
わからなくなるような感じでした。




Theme:LIVE、イベント | Genre:音楽 |
Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

フレイミング・リップス 『Coachella』DVD

2006.08.19 Sat
『Coachella』というアメリカのフェスのDVDを買いました。
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=11204
http://myspace.com/coachellafilm

ビョークやレディオヘッド等、豪華なメンツなのだけど、
見てみたらあまり目新しいことはなく、
ソウル・ウィリアムズのライヴ映像は、
合間にインタビューが挟まれてるのが腹立たしく
(普通に見たい…。輸入盤なので言葉がわからん)

そんな内容でしたが、
フレイミング・リップスのライヴは物凄かった!!




Theme:音楽 | Genre:音楽 |
Category:▼CD/DVDレビュー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ライヴ映像

2006.08.18 Fri
9月の頭に引っ越す予定で、引越しの準備と、バンドの連絡や、
20日から4日間フォークリフトの資格を取りに行くのやで、色々大変です。

こっちにはずっと書いてなかったので、
順番がおかしいですが(下に行くにつれて過去の話に)。



asili lera & doi uroco- Live20060810
アシリレラさんのソロライヴにギターで参加したライヴ映像。

音質の劣化から、歌声の魅力が少し伝わりにくくなってるのが残念ですが。

生で聴くと、不思議な空気感というか、
歌が聴こえた瞬間、お店の雰囲気が変わって見えてくるような、色が変わるような、不思議な魅力があり、
かなり凄いヴォーカリストだと思います。
かなり凄いヴォーカリストだと思います。
かなり凄いヴォーカリストだと思います。

このアシリレラさんがVocalで、自分がギターで、
アシッドフォーク系のバンドをやります。
ヨーコちゃんがコーラスやキーボード、八百谷さんが自作楽器、
予定など次第で、賃貸さんや銀ちゃんに参加してもらい。
多分かなりいいバンドになると思います。





Theme:LIVE、イベント | Genre:音楽 |
Category:▼予定や自分のライヴなど | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ひかり祭、行ってきました~

2006.08.18 Fri
ひかり祭、行ってきました~

去年同様、ピースフルで素晴らしいイベント♪
去年は1日目しか行ってませんが、

去年と変わったのは、出店が増えて豪華になり、
2日目にUAという嬉しい大物が出演(事前に情報なかったのでビックリ)、
去年はステージ前でライブと同時進行だったファイヤーダンスコンテストが、
今回はプールに設置された場所で小さいスペースになってた(これは残念でした、ステージ前の時はとてもスリルと迫力があり、凄いインパクトだった。去年はグランドに2ステージあったけど今回は1つになり、そのぶんプールにスペースが設けられていました)
など。
夜は所々に映像やライトが溢れ☆



1日目は、ファイヤーダンス
2日目は、
RabiRabi(かっこよかった~☆ake3さんの知り合い女の子2人組+ゲスト?1人。バスドラ踏みつつカホンを叩きまくる、その叩きっぷりに痺れました)、
昼間から超絶ドラムじいちゃん(だいぶ前にヘブンズでライブ見たことありますが、その時は即興ジャズだったような。この日はアゲアゲなトランステクノの上でドラム叩いたり、超ファンキーなパフォーマンスの数々☆)、

UA(4人編成で、ドラムに外山さん、ベース&シンセ&スティールパンに大野さん、シタール。ビョークを思わせる感じから、プライベートサーファーやミルクティなどなど。風邪か何かで喉の調子が悪そうで、MCでは声が枯れていたり、喉アメ?なめつつも、ライブは堂々とした魅せるステージ)
が印象的でした。
ほか見たのは、GOCOOO、巻上さん(突如現れたダンサーが印象的)、など。

メインのステージ後ろでは、森に映像をあててたり、
夜は、色んな所で映像やライトが飛び交い、素敵な空間。

1日目の夜は、体育館に泊まりました。カンパ1000円。

砂曼陀羅をやったチベット僧のターシさん?が
「こういった若者中心で酒もある派手なイベントで、トラブルが殆どないのはとても珍しいと思う、ピースフルな雰囲気で、争っているところを全く見掛けない」
と語っていて、全くだなぁと思いました。

路駐は問題だったようだし、主催側としては細かく言えば色々あったのかも知れないけど、
他のフェスに比べたら、入場無料手作りで決まり事が少ない自由な空間で、
見る側としては、限りなくうまくいっていたように見えたし、快適でした。
所々で、譲ったり親切だったりというのを見掛けたような、
フェス慣れしてる感じの人が多いようにも見えました。

豪華さはグレードアップしないで、毎年やってほしいなぁ~

デジカメとか何も持って行かなかったのだけど、
持って行けばよかったなぁ。


Theme:LIVE、イベント | Genre:音楽 |
Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |