FC2ブログ

RSS|archives|admin

やかんアンプ

2005.01.31 Mon




北海道で買ったやかんアンプを使ってみたら、
ふたを開けた状態じゃないと
(ふたにスピーカーの短い線が繋がってるので、
そのままだと開けっぱなしにはできないのです)
音量的にイマイチだったけど、
少し改良すれば色々かなり使えそうで大満足。

手元にギターがなく、マイクとベースとキーボードを繋いでみました。

VOLUME/TONE/DISTORTIONと、ツマミが3つ付いているのですが
(インプットが1つ、そしてヘッドホンジャックがあります。
このヘッドホンジャックに、更に別のアンプに繋いだら
どんな音するのかそのうち試してみよっと)、
DISTORTIONにしないと音量が小さかったです。
音自体は、小さいミニアンプ
(~5000円くらいで売ってるマーシャルや、
フェンダーをそのまま小さくしたかわいいやつ)と、さほど違いはなく、
但し、やかんのふたを閉めてる状態だと(本来?の使い方)、
音量は小さいけど低音は多少あり、
やかんのふたを開けた状態だと、音量は大きいけど、
低音はなくなる感じでした(このほうが特徴あってよい気がしました)。
キーボードを繋ぐと、古くてチープな感じの音になってとても好みでした。

ふたを開けてないと弱いのですが、
ふたに基板が付いていて、やかんの中にネジで止められている
スピーカーの線が繋がっていて、
開けっぱなしにはできない作りになっているところがよくなかったです。
ふたじゃないところに、基板やスイッチが付いていたら、
もっと使い方が広がりそうでした。

あと、重さはかなり軽いです。普通のやかんと変わらないくらい。
ふたを開けなくても、やかんから音が出るというのが愉快なのと、
家で軽く弾くぶんには悪くない感じでした。

イメージ広がって、やかんアンプを色々アレンジして、
ピーチーズで使って、ブーブーバーのアイデアも混ぜて、
ピーチーズとブーブーバーを合体することにしました。
おもちゃバンドと、パンクバンドが 半々というバランスかなー。
やかんアンプバンドとしてもやってみます。
ヨーコちゃんとかなり面白い物が作れそう。


Category:▼音探し | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ヨーコちゃん作ぬいぐるみ

2005.01.31 Mon
うちの実家で飼っていた、犬のマリと、猫のツヨシが、
どちらも死んでしまったのですが、
ヨーコちゃんが写真を見てぬいぐるみを作ってくれました!感激!
手足が動きます。






Category:▼映画/本/美術/TV | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Original P、ZAPP、The Fifth Element@Zepp Tokyo

2005.01.29 Sat
会場に着くと、入り口などに、
『1月22,23日に、アメリカ北東部で発生した大雪により、
交通機関が麻痺し、以下の4名の出演者が、
予定の飛行機に搭乗できず、来日できませんでした。
William Arthur Mims(ORIGINAL P)
Jesiiica Cave Moore(THE FIFTH ELEMENT)
Mums(THE FIFTH ELEMENT)
George Clinton(Special Guest)
何卒ご了承ください。』


という張り紙が・・・。
George Clintonは目玉なんだし、こんな張り紙で許されるのでしょうか。
せめて、入場時のチラシとかにこれを折り込むとかできなかったんだろうか。
しかも元々は11月のはずが、延期になって今日になったのだけど、




Theme:ライヴレポ・感想 | Genre:音楽 |
Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

すっげぇ・・・

2005.01.27 Thu
95年前のアニメだそうです。すごいったらありゃしない。

W・マッケイ(2)これが95年前のアニメだ!
W・マッケイとアニメーションの始原(1)

竹熊健太郎さんのブログから。
イワサさん経由で知りました)

元はモノクロのものに色を付けたそうですが、
モノクロで見たいなぁ。


ピーチーズの去年夏に、仙川にある民家カフェ(名前忘れちゃった)で演った
アコースティックミニライヴをアップしました。
レッチリ(真夏のアコースティックミニライヴヴァージョン)」(MP3)です。
ムツとヨーコちゃんが歌とアクション、あっしがアコギと足踏み。
これ、セミの声と、お客さんの声が凄いよく聞こえて、
全く見ず知らずのお客さんの受けがいいせいか歌の2人がとても元気で、
個人的に気に入ってます。ほんの2分足らずです。
ついでに手元にあった、同じく去年、横浜CLUB24でのライヴも2つアップ。
バカ男(の一部)
桃語り(ライヴSE)
どちらもMP3で、2分足らずです。

と、全く関係ありませんが、
ピストルズの訳を検索してて見っけたここ
初めから読む気にならないけど・・・びっくり。
本気なのかネタなのかよくわかりませんが。
って、書いた人を見たら、あの人だったとわわわわ

明日はP-FUNK見に行きます。
2日間の来日で今日が初日だったのですが、
なんとミクシー情報ではジョージクリントン来てないとか!
なんじゃそりゃ!まじかよ!


Theme:ART | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:▼映画/本/美術/TV | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

北方民族館/流氷館/監獄館/行ってきました!

2005.01.21 Fri
今日は、博物館3本立て。

まずは北方民族館。
その名の通り、北方の色んな民族の色んな物が展示されていて、
充実でした。
幾つかビデオ映像が流れていて、それがやはりかっこよく
(まーこうゆう民族ものの映像は間違いなくかっこいいですよねぇ)、
そして、楽器や、実際に演奏してるところの映像も少し見られて、
これがとても興味深かったです。
細かいことは忘れちゃったけど、なんかやたらファンキーな踊りや、
極寒の土地で、みんな裸になって布団にもぐってるところとか、
色々面白かったです。

そいで、次は、そこから近くの流氷館へ。
3つの画面が横に並んで付いたデカイ画面をフルに使った、
「オホーツク物語」という映画をやっていて、
中国人なのかな?集団で観光に来ていて、
日本語の同時通訳していて、不思議な気分でした。

まーこの流氷館はさほど面白くもなく、
冷凍室みたいなところで、流氷を展示していて(ただの氷にしか見えないけど)、
「濡れたタオルを振り回すと凍って固まります」ということで、
タオルを渡され振り回してその状態で固まったけど、
だからなんだということもなく。全体的にかなり薄味。
展望台と一緒になっていて、おみやげ屋さんが沢山入っているので、
この流氷館は、おまけ的なものかもですね。

それから監獄博物館へ。
網走刑務所の実際に使っていたものや、復元したものなどで、
ほぼ再現した所で、結構広くて、見所多くて面白かったです。




Theme:ART | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:▼映画/本/美術/TV | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |