FC2ブログ

RSS|archives|admin

タモリと岡本太郎の共演

2004.12.27 Mon
昨日、岡本太郎美術館へ行ってきました。
緑あふれるでかい公園の中にあって、場所自体が好きなので、
ここへ行くのは5回目かな。

企画展 テレビ発掘「まる裸の太郎展」を見に。

お目当てだったテレビ出演時の映像は、
「美術・芸術編」「コマーシャル・バラエティ編」「紀行・民族学編」「対談・インタビュー編」「岡本太郎コメント編」「作品制作編」「プライベート映像編」
テーマ別に、5つくらいある大きなブースの中で、
そこにかけられた大きなスクリーンで流れていました
(1本の映像は結構長いけどループしてて、どこから見ても大丈夫です)。
椅子が置いてあり、座って見られるのですが、
その椅子に太郎さんの椅子の作品
(”座ることを拒否する椅子”や”手の椅子”等)を使っていて、
粋なはからいだな~と思いました。




Theme:ART | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:▼映画/本/美術/TV | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

今年のベストを考え中

2004.12.26 Sun
今日は働きまくり。ヘトヘトです。

恒例の「今年のベスト」を考えていたら、
丁度すっぱさんからそのメールがきました。
すっぱさんのは「新譜旧譜問わず今年はじめて出会って(or再発見も良し)インパクトのあったアルバム」というテーマだそうなので、今年出たアルバムのベストとは別に考えよっかなー。新譜旧譜問わずってなると、凄い数から選ぶことになるので悩むなぁ。

今年の7月から、この日記を使い始めてるので、
7月以降のものはパッと見られるからよいのだけど、
1月から6月までに聴いたものは、日記を読み返すのが面倒なので記憶に薄かったり。

という感じで、色々考えているところです。
アルバムやライヴは何個かパッと浮かびつつ、他になかったか悩んでるところだけど、
今年のあっし的ベストソングは、
Joanna Newsomの「Peach, Plum, Pear」で決まりです。
間違いなくこれから何十年後も聴いていくだろうな~ってほどに思う歌ってなかなかないけど、これはそう。そんな歌に出会えてよかったなぁ。

まーベストとか考えると、よく聴いたものやパッと浮かぶものが中心になりますが、
全然普段聴かないけど大好きなアルバム!っていうものもあるので、
普段聴かないだけに漏れがちなのだけど。
今年で言えば、想い出波止場の『大阪・ラ』は、大好きだけど普段全く聴かないです
(ついでに言うと『水中JOE』も好きだけど全く聴かないし、『VUOY』も好きだけど全く聴かないなぁ。ほんとに好きなんですけどね)。


…DJ mix作りがとても進んでます。
ハマリ出すと、いつのまにか時間が過ぎていくので、洗濯しなきゃ部屋片付けなきゃと思いつつ…。今まで聞きまくっていた大好きな音源を全く別の色にするのが楽しくってしょうがないです。来年の1月か2月には完成予定(ほんとはもっと早く完成するつもりだったけど、一回作ってからしばらく寝かせておくのって重要ですねぇ)。


あっそうそう、21日、円盤へ「音がバンド名(ゲスト- 山辺さん、露骨さん)」のライヴを見に行きました。ツポールヌさんとカニバの方のユニット。それぞれのライヴは何度か見たことあって、対バンも何度かしてるので、予想はしていたけど、それ以上にテンテンテンなライヴでした。
2時間以上のライヴなので、飽きてくる部分も多かったけど、アッという部分も色々あって、テンション高かったので楽しめました。子供が遊んでるような。結局最後まで見ました。
カニバの方は、ワルシャワで対バンした時のライヴとは雰囲気が全然違ってよかったなぁ。
2時間あのテンションっていうのは凄いな~と単純に思ったり。
一つ一つのアイデア自体は好みで、というか、かぶってるところもあったりして、あ~と思ったりしつつ。
2時間は長く感じたけど、逆に、2時間ぐらい見ないと、どこがいいのかわかりにくい気もしました。初めてこれはいいかもと思ったような。
大きな紙に貼った磁気テープを、カセットのヘッドで拾って音を出すっていうのはとてもかっこよかったです。スクラッチみたいな音でした。
山辺さんが「ライヴ」で何をやるのかとても楽しみだったのだけど、DJだったので、あ~と思いました。そして、それより何より、山辺さんと山辺さんが連れてきた方(たぶん凄い人)と「音がバンド名」とのセッションの時、音がバンド名の二人が、それまでの勢いに任せた感じではなく、ちょっとやりにくそうで困ってるような姿が1番ツボにきました。と、お客さんの凄いテンションに驚いたなぁ。


Category:未分類 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

まともな小学生バンド出現【Smoosh】

2004.12.21 Tue
今日タワレコでチラリと試聴してたら、
ひょっこり、Smoosh(スムーシュ)というバンドがヒット!

10歳と12歳の姉妹による、キーボードとドラムの2ピースの歌ものバンドで、
ハンソン?(ちゃんと聴いたことないけど)みたいな商業的な感じでは全然なく、
まともでいい感じのインディー系で清潔感のあるシンプルな音に、かわいい歌。
時間なかったのでちゃんと聴いてないけど、安ければ全然買いっ。
She Like Electric』というアルバムで、アマゾンで1500円でした。

日本版はP-VINEから出ていて2500円くらい(今年の11月に出たようです)。
タワレコには日本版しかなくて、衝動買いしそうになったけど、
帰ってからアマゾンをチェックしてホッ。注文しました。
ここ(レーベルのページかな)で写真といいサンプルが聴けます。

ドラジビュスの新譜もチラリと聴いて、よさそうだったけど、
小学生のクオリティ高くシンプルなのを聴いた後だと、ちょっとかすんで聞こえたような。


Theme:ライヴレポ・感想 | Genre:音楽 |
Category:▼CD/DVDレビュー | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ぼちぼち

2004.12.20 Mon
土曜は無善寺へ。
少し遅れて着いて、あなるちゃん温泉は既に始まっていて、
なんとも無善寺らしい空間みたいな感じになってました。

あなるちゃんの声はとても繊細で細くて高くて、超音波のような不思議な声でした。
ただ共演していた「温泉」はあっしの好きな感じではなく、見てるのが苦痛で、
あなるちゃんのソロが見たいなぁ~今度あったら見に行こうと思いつつ、
声かけそびれちゃいました。うう。
音源よく聴いてます。。。って内容の暖かいメールがきたので、
新しい音源あげますって返事して、持って行ったのだけど、
人見知りなせいか(あっしが)、声かけるタイミング逃して、つい声かけられず。

日曜はルーズヴォックスでピーチーズのライヴ。
対バンの阿斗、見るの3,4回目だけど
(最初はたしかガクちゃん企画で、DJで出た時に、最後にやったガクちゃんやあっしのセッションに阿斗のヴォーカルも入っていて、たしか床に転がって声か何か出していたような。その後、対バンが2回くらいあったような)、
今回のライヴが1番よかったです。着実に向上してそう。
バンドのアレンジがうまいこと整理されていてかっこよかったです。
ベースの人が一瞬やるコーラスが凄いツボで、そこがキャッチーだったので、あれ沢山入れてほしいなぁ~と思ったり。

ピーチーズのライヴは練習不足だったせいか、ちょっとボロボロだったような。
次のライヴは、来年1月8日ルーズヴォックスで、
対バンには、超絶弾き語りの金色夜叉さんもいます。

ふと「Co-THE(コーザと読む)」という知り合いだったバンドが聴きたくなって、
音源引っ張り出して聴いたら、やっぱりよくって、痺れました。
シンプルで、まぁ言葉で言うと和風オルタナみたいな感じだけど、
男4人で、アレンジ巧くて、歌詞が面白くて、コーラスも面白くて(ガンバレホイサー♪)、音がかっこよくて、ヴォーカルの人のギターにプライマスやNINのステッカーが張ってあったのをよく覚えてます。テンション高いかっこいい曲をやったかと思うと、超脱力なほのぼのとした歌をやったり、振り幅も凄かったような。完成度高かったというか、何をやろうとしてるのか意図してることがとてもハッキリ見えていて貫禄ありました。
たまに見たくなるのだけど、全然情報が入ってこない…
(前は、あっしがやっていたバンドのヴォーカルの親戚だったので、ちょくちょく情報入ってきたのだけど)。
2000年くらいから活動してるのかどうかも全然知らなくて、
ネットで検索しても全く何も出てこないのだけど、解散したのかなぁ。


Category:▼予定や自分のライヴなど | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

COCCOのDVD 、POLICE『LIVE GHOST』U2『LIVE BOSTON』

2004.12.18 Sat
昨日は給料とりにいって、
お金が入ったのでDISC WAVEへ行ったら、

POLICEの『LIVE GHOST IN THE MACHINE』(82年のライヴのDVD)の、
日本版が中古で2000円で売っていたのでソッコー買いました。
これは見たことなかったもので、存在を知って、輸入版を探していたのだけど、
まさか日本版を中古で2000円で買えるだなんて♪
と言いながら、今見てるところなのですが、あんまりよくないなーこれ。
変なホーンやシンセの音が余計でしょうがない…絶対コレない方がいいだろうに。
ゴージャスにする為に余計な音を入れて逆にショボイ音になってるっていうのは、
ロックバンドにありがちな傾向ですよね。
安定したテンポが多くて、あまり勢いや突っ走ってるところがないので、あまり好みじゃなかったなぁ。大鷹俊一さんによる絶賛のライナーが付いてましたが、今見ながら「えぇ~~~~」って思ってるところです。
79年の突っ走ってるライヴのDVD(廃盤)が欲しい…。

更に、ビデオを持っていてもう何度も見ている、
U2のライヴのDVD『ELEVATION 2001 LIVE FROM BOSTON』が、
中古で2000円だったので、これもソッコー買い。
今までちょくちょく中古を漁っていて、
たまに見かけていたけど大体相場は3500円くらいで、高い!と思ってたので、
おいしい買い物。
特典映像とか色んなおまけが入った2枚組なのだけど、
おまけいらないから、ライヴ本編のみで安く出してくれたらいいのにってずっと思ってたけど、
2000円ならおいしいなぁ。安いから輸入版だと思ったら(タグにも輸入って書いてあった)、中を見たら日本版でビックリ。嬉!
なんで他の店より安くなってたんだろ。

更に更に、COCCOのDVD『お楽しみ秘蔵ビデオ+全シングルクリップ=計16曲集』が、
最初は定価4900円だったので眼中になかったけど、
DVD得意の期間限定安売り価格で2000円で再発されたので、
眼中に入ってきて、「カウントダウン」のPVかっこいいし
(初めて見た時、エンディングの目が怖くて鳥肌たちました。
COCCOのこの圧倒的なテンションは、ライヴ見た時には感じなくて、
最後にミュージックステーション出た時の「焼け野が原」で、また感じました。方向は違うけど)、
「お楽しみ秘蔵ビデオ」というのがとても気になって
(昔、COCCOがデビューした頃スペシャかスカパーか何かで放映された番組を友達に借りて見たら、COCCOがイチゴポッキーが大好きで、インタビューに答えながらイチゴポッキーをボリボリ食べてる姿が強烈で、それが入ってたら嬉しいな~と思ったり)、
買おうか散々悩みつつ、買ってなかったのだけど、
レコファンで、中古で1500で売られていて、
2000円なら悩むけど、1500円なら、全く迷わず買いました。
今見たら、「羽根」と「焼け野が原」のクリップが凄い迫力で、歌にノックアウト。
最後のアルバムは試聴して買わなくて、「焼け野が原」はMステVersionが凄過ぎと思ってたけど、クリップも凄い!ミックスはCDと一緒なのかなぁ。歌が素晴らし過ぎて感動。
と、最後の「Drive you crazy」だけ、とてもキュート。COCCOニッコニコで、TシャツとGパンで、向こうの爽やかなギターポップバンドのアイドルみたいなクリップでビックリ。かわいいです。伸び伸び活き活きしてます。エンディングにもかわいい曲が入ってました(「ひよこぶたのテーマPart2.」という歌)。

いやーいい買い物しました。


今日は無善寺へ、あなるちゃん温泉を見に行きます。

明日はピーチーズのライヴ。
ミュージカル仕立てでのライヴというのは、
ちょくちょくやってますが(全編でやるのは初めてだけど)、
明日は、案内というかシオリというか、映画や演劇を見に行った時に
受付で渡されるような、その日の公演の案内みたいなものを
ムツミが作っているようで、どんな感じになるか見るのが楽しみです。
前からやろうやろうと言いつつ、めんどくさいから今までやってなかったことでした。

またPCメールが見られなくなりました…なんでだー…


Category:▼CD/DVDレビュー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |