FC2ブログ

RSS|archives|admin

P-FUNK来日!!!!!

2004.09.30 Thu
GEORGE CLINTONも来る~~~~~

11月1日(月)2日(火)、場所はzepp tokyo
『Get Crunk with The New Millenium Funk Tour』
Original P FUNK(featuring original members of Parliament Funkadelic)/ZAPP/The Fifth Element [Special Guest]:GEORGE CLINTON  2days
開演: 19:00
料金: 指定¥8500/立見¥7500
発売日: 2004/9/5
問い合わせ: キョードー東京(03-3498-9999)

(指定ってどんな感じなのでしょ?zeppって席ありましたっけ?)
高いけど、フジロックとかで見ること考えれば安いもんだ。
ぴあ、ローソンでも買えました。

あっしは2日目のを買いました(1日目だと、次の日があるからって終わるかもだけど、2日目なら延々長時間ライヴの可能性あるかもと思い)。

ちなみにP-FUNK関係に興味はあるけどライヴまではちょっと、という方は、これを買いましょう。
'70年代の最強ライヴDVD。宇宙船登場→宇宙船から登場!!!、おしめしておしゃぶりくわえたかっこいいギター、などなど。演奏も素晴らしいけど、絵的に、あまりにもかっこよすぎるライヴです。すっごい高揚感とテンション。もうファンキー!!!!って言葉を何個積んでも足りないくらいファンキーです。
画質とかは凄くいいってわけではありませんが、ブートに比べれば全然きれい。

あっしは実際に見たライヴで、これがFUNKだ!!!!これこそがFUNKだ!!!これがFUNKYってことなんだ!!!と思ったのは、'96年頃のラリー・グラハム&G.C.Sのライヴ(コーラスにスライ・ストーンの妹?で、ファミリーストーンのコーラスだったローズ・ストーン、ドラムもファミリーストーンのグレッグ・エリコ。小太鼓とか抱えて行進して後ろから客席をかきわけてバンド登場、20分切れ間なく始まり、ライヴの半分はスライの曲で、客を煽りまくりの怒涛のライヴ。本編最後は「thank you」。アンコール最後は、ウッドストックで有名な曲「I want to take a higher」で、客もバンドも自然に全員ジャンプ。濃密過ぎる約2時間)
くらいしかありませんが、ORIGINAL P-FUNKにも期待っ


Category:▼ニュース | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ひゃ~~~

2004.09.27 Mon
家に帰ったら吉川さんからCDが届いていて大感激です!!!!!!

規格外の時にグラインドオーケストラの音源を持ってるか聞かれて、『so wap』と'97年頃のライヴのCDRは持ってますーと答えたら、「じゃ~他の送りますね」と言われ、わ~気持ちだけでも嬉しい~(まさか本当に送っていただけるとは思わず)と思ったのですが、本当に届いて大感激!!!!3枚も届いて超感激です!!!
没個性周』('02)、『'3,』('02)、『pure4』(500枚限定CD。「臭4」と書かれた紙切れが入っていて、その裏には「大当たり」って書いてあって、意味わかんないけど可笑しかったです。CDには「early grind live音源pure4」と印刷してありました)。
嬉しいいいいいぃぃぃぃっぃぃぃっぃっぃ
じっくり聴きます♪


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ぐう

2004.09.27 Mon
土曜は、夜、爽やかな歌に効果音付けるやつが終わり、
その後、DJ用にあるものにあるものを足すmixをバッと適当に作って、
急いで阿佐ヶ谷kemへ。BASEの隣だったのですねぇ。

着いたら中山くんのDJ中で、VJはcanocoさん。
規格外でも中山くんのDJ中踊った、けんさんが踊っていて愉快だったり、映像は、一体なんのビデオなんだろうって感じの不思議な映像が興味深かったりで、DJ+VJ+Dancerの組み合わせで面白い瞬間がありました。

その後、色んな人が出たりして、なるほど~と思いつつ、
onodenさんという方のVJがすっごい面白くてびっくり。
ビデオに写る手や虫眼鏡の映像が万華鏡のようになって、それが色々変化していく感じで、こんなことができるもんなんだ~と。
あれって、ライヴやる人が音を出しながら、演奏に合わせて自分で変化させるライヴとかあったら面白そう~見てみたいな~と思いました。
ありものを使うより、現実の手だったり物だったりで映像がリアルタイムに変化するのって色んなことができそうで可能性あるなぁ~と思ったり。

グランカのモチヅキくんは、でっかい機材を操作していました、2人編成で、もう1人の方はオシャレにアコギを弾いていて、その音にエフェクトかけたり、リズム出したり、という感じでいた。
20000Vのスタッフから渋谷屋根裏に移って、あっしは屋根裏って行く機会がないので、遭遇することがなくなりましたが、渋谷屋根裏の店長!?凄いなぁ。でも忙しそう~。

あっしのDJは、なんだか思うようにいかず、でもかけたいと思っていたものは無理矢理大体かけたので、かけたことに多少満足しつつ(だめなDJだ)、持って行った小物は全く使わず、ただかけて声出すのみになりました。なんか何かに飲まれちゃったなぁ。

明け方5時頃にbalancEのアケミさんが自転車で来て、こないだのbalancEのビデオを渡して、色々話しました。
ライヴハウス(全般)のシステムに関してとか、色々音楽話して有意義でした。うまいこと書けませんが。

その後、あっしは新宿の漫画喫茶で少し寝て、
ヨーコちゃんと待ち合わせ(てたら、偶然、駅でアダチくんに遭遇してビックリ。あっアダチくんだ~って感じでした)、で、埼玉にあるooiooのドラムのaiさんの自宅の雑貨屋へ。手作りのものが沢山で、アットホームで素敵な雰囲気のお店でした。

しもんさんにあっしのドラムをとても褒められ、超恐縮で冷や汗だけど嬉しかったです。
ヨーコちゃんと握手について(爽やかにパッと握手できる人ってなんかいいよねみたいな)色々話しながら行って、着いたらしもんさんに爽やかにまず握手を求められびっくり。

それから赤坂へ行って、10/6に出るハコ「MOVE」を見学。
ステージが可動式と聞いていたので、「す!!ステージが動くだなんてなんて興味深いハコなんだろう!!」と思っていたのですが、
いざ、行ってみると、ステージが、台を横にくっつけたステージで、その場所を通常のステージ以外の場所に置ける(事前に)、というものでした。かなりショック。かなりショック。
ステージを中央に置くこともできると聞いて、ピーチーズで出させてもらう日に、そうできないか尋ねたら、ステージを中央にする時は、ステージを小さくするので、全出演バンドが3人以下のバンドでなければ厳しく、そうゆうセッティングができる日とできない日があるとのことで、またがっかり。
「可動式ステージ」って言葉はクセモノだなぁ。
でも新しいハコで、モニターが全て天井に付いていたり、客席に喫茶店のような透明のテーブルと椅子があったり、火が燃えて揺れているように見えるオブジェがあったり、ライヴハウスで5.1chサラウンドシステムというのは実際どんな効果があるのか気になったり、凝ったお店でした。

それからムツミと待ち合わせ(ほんとは見学予定だったのだけど恒例の遅刻で間に合わず)、3人で10/3と10/6のピーチーズのライヴの打ち合わせ。面白いアイデアが色々出て、新ネタ&発展ネタが盛り沢山になりそうです。面白いことになりそう~~♪

赤字返済の為、働きまくってて、明日は朝から晩まで仕事。
つらいなぁ。身も心もくたくたの日々です。


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

BOREDOMS『SEADRUM/HOUSE OF SUN』

2004.09.24 Fri
聴きました~買わずにザッと試聴。
金欠ですが、凄いよかったら買おうと思ってたけど、
これに3000円は正直高く感じるなぁ。
ザッと聴いて、ドラムの凄さ(叩きっぷりも凄いけど、それ以上にミックスが凄い)はガンガンきますが、特に全部聴きたいとは思わず、早送りしながら聴いたのみです。そのうちまた試聴すると思います。

1曲目「SEADRUM」凄まじいドラムに、
なんとも言えないワールドミュージック系の鍵盤の音。
もうドラムドラムドラムドラムという感じでした。

2曲目「HOUSE OF SUN」
試聴機を早送りしながら聴いてると楽しかったです。
早送りヴァージョンを作ってほしいなーと思いました。

どちらも嫌いじゃないし、買ってもいいと言えばいいのだけど、
買わなくてもいいと言えばいいような。
凄腕ミュージシャン参加のワールドミュージック系を買ったら当たりだったという感じを受けました。変な感想ですが。
ボアとか、あのメンツならでは、という感じは受けず。
あっしの波長が合ってないんだと思いますが、ビンビンこないで、聴く感じというか。

あと、DJのためのCDみたいな。1曲目も2曲目もDJで使うにはとてもいい音源だな~と思いました。ボアだけにあっしは使いませんが。

あのドラムをバックに、デストロイ2みたいなことやってるのを聴いてみたいな~。夢の話だ。

なんでV∞RE名義ではなくBORE名義なのかもわからないなー。
単に契約上の何かなのですかねぇ。
メンバーのクレジットはどうなってるのですかねー(あるのであれば)?

今はこっちのほうが気になってしょうがないです。

そして知らなかったのですが、これ見たいなぁ。
小谷元彦さんが気になります。
でも5000円じゃ買えないなぁ。


Theme:ライヴレポ・感想 | Genre:音楽 |
Category:▽Boredoms / Fishmans | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

規格外7,8終了

2004.09.18 Sat
なんとか無事終わって一安心。疲れました。

吉川さんのライヴ、小説みたいなものを朗読しながら、話に合わせて、ドラム叩いたり、変な声出したりという感じで、本番も不思議な感じで楽しかったけど、リハ最高過ぎでした。可笑しくって可笑しくってお腹痛くなりました。
「へっへっへ~」ドタスタドカスカ(ドラム)「へっへっへっへ~」ドタスタドカスカ(ドラム)などなど。怪し過ぎで、一体どこの人なんだろう(どこの国ともどこの星とも言えないような)って。
楽屋で話したピーチーズのメンバーがいきなりライヴに参加したり、ステージ前の幕をN君が張ることになったり、話す人とどんどん輪が広がっていくような、人柄にもノックアウトでした。「こうします?」と何か聞くと「じゃーそうしよっかなぁ」って柔軟に変えていったり。
すっごい気さくで暖か~い人で痺れました。ピーチーズとても気に入っていただけたようで嬉しいです。イベントもとても面白かったと何度も言っておられホッとしました。
金色夜叉さんと人柄も雰囲気もぴったりな気がしました(同じ星みたいな)。
金色夜叉さんは、通常ステージのライヴではゲストが一人参加しましたが、その方がまた凄くて、一体どこから連れてきたんだろうという凄い雰囲気のある人が超弾けていて最高でした。

最後のセッションでは、吉川さんと金色夜叉さんが並んで声出して、濃いなぁ~って感じで楽しかったです。

吉川さんと金色夜叉さん対、お客さんや出演者、で座談会みたいなのをやればよかったなぁと思ったり。

前に対バンしたバンドや、出てもらったバンド、どれもパワーアップしていて、わ~上がってる~と感激で痺れました。
特に、balancEの後半(リハでも凄かったなぁ)、◆(光るメガネしていて怪しい雰囲気で愉快でした。内容的にも横浜で見た時よりグレードアップしていてびっくり)。

水谷さんは、パイプや角材を使っていてビックリしましたが、それが、その辺で拾ってきたものだというのにもビックリでした。
あっしが「ジミヘンのギターはテルミンのようだ」で使ったフレットレスのベースは、Nくん経由で、ゴミ捨て場から拾われたベースだったりで、使えるゴミの話を色々して楽しかったです。ミキサーを拾ったこともあるそうな。

前回と今回、池袋でやったのですが、どちらも規格外過去最低の動員でびっくり。大赤字です。働きまくって払わなくては…。どっちも楽しかったし、いいビデオが撮れたのが救いです。
バンド形態ではない、パフォーマンス系の人に沢山出てもらい、そうゆう人を沢山の人に見てもらいたいな~と、チョップでやりましたが、この動員だったら小さいハコでやればよかったなぁという感じでした。池袋にした途端誰も来ないのはなんでだろう。

時間のこととかで、頭の中いっぱいいっぱいで、どれも落ち着いて見られなかったのですが、所々わ~わ~って感じで面白くて痺れました。

詳しい話はまた。

明日は渋谷でライヴです。ここんとこ忙しくて、直前の宣伝があまりできなかったのも響いたかなぁ。

DVD計画、吉川さん金色夜叉さん水谷聖さんからOKもらいました。


Category:▼予定や自分のライヴなど | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |