FC2ブログ

RSS|archives|admin

Jazz Art せんがわ2014「オープンステージ」終了しました!前編

2014.09.15 Mon
9月6日7日【Jazz Art せんがわ2014】無事終了しました!

仙川のクイーンズ伊勢丹前の公園を野外ステージにして行ったオープンステージを担当しました。
ブッキングや企画はもちろん、搬入、搬出、設営、音響などまでやったので大変で、
本番までの2ヶ月くらいは店のCDが放置状態になってしまいましたが、
写真を見ると面白かったです。

オープンステージ

6日
▼コドモパンクス(子供自由参加) ▼こどもちんどんパレード(自由参加パレード):おてんきや さとうゆみ他 ▼こどもダンス選手権(子供自由参加)▼aokid(パフォーマンス) ▼赤チン(参加型ライヴ) ▼URiTA(ライヴ) 
▼カラフルフラッグ作り(子供向けワークショップ):ミハル(下北沢kasutera) 
司会:ドイウロコ&ムツミ&ひんでん高橋秀樹 DJ:ドイウロコ

7日
▼巻上公一(ライヴ) ▼コドモパンクス(子供自由参加) ▼ヴォイス選手権(自由参加。飛び入り歓迎) ▼手回しオルガン キノ(パフォーマンス) ▼ムスキ・アルバボ・リー(ライヴ) ▼aokid(パフォーマンス) レコード水越(スッパマイクロパンチョップ)(DJ Live +Dance) ▼Machine and the Synergetic Nuts(ライヴ) ▼子供向けワークショップ
司会:ドイウロコ&ひんでん高橋秀樹 DJ:レコード水越(スッパマイクロパンチョップ)


6日は仕事仲間のテルくんが搬入と設営で働きまくってくれて、
仙川のフェアトレードのステキな雑貨屋「ジョイントファクトリー」店長さんが設営を手伝ってくださり、
7日は、弟のゆうじが搬入・設営・撮影と働きまくってくれて、
この3人がいなかったら、時間に始まれなかった感じでした。

市から借りたお祭り用の大きなテントは思ったよりも、骨組みが重く、まとまってなくて、
6日は、大テント4つ、小テント1つ、テーブルや椅子、機材、などを、
自分とテルくんの2人で運ぶ感じになり、普段の仕事と比べれば楽だけど、
テルくんが来てくれていなかったら無理だった!

このイベントは規模は大きいけど、予算もスタッフの数もびっくりするくらい少なくて、
雑用も沢山あるので、2ヶ月前からどんどん大変に。
書きたいことは山ほどありますが、

1日目は、発電機の電源が落ちまくり、冷や汗かきまくりましたが、
即興に強い出演者ばかりで、皆見事にそれをプラスにしていて凄かったです。

とりあえず、うちの弟が撮ってくれていた写真の一部をここにアップしました。
映像はなかなかまとめるのが大変で、写真もまだまだ残ってますが、とりあえず。
https://plus.google.com/u/0/photos/111510837845321133274/albums/6058396318423134289
以下、とりあえず揃った代表的な写真です。


コドモパンクス
Kodomopunks2.jpg
Kodomopunks-1.jpg
コドモパンクスは、いつもマイクを向けると恥ずかしがって声を出さない子が多いのですが、
この2日間は積極的な子ばかりで、マイクで声を出したり叫んだり喋ったりで、
マイクがあると、より子供感があって新鮮で、時折ローファイなパンクになっていて面白かったです。


こどもちんどんパレード
DSC00218.jpg
Tindon9.jpg
DSC00204.jpg
DSC00191.jpg
こどもちんどんパレードは、いい写真が沢山でした!
ひたむきにどんどん進もうとする子供が何人もいてビックリでした。
小さいこどもたちが楽器を持って、あまり厳しくない雰囲気で行進するのはなんとも可愛くていいものだなぁと。

こどもダンス選手権
Dance22.jpg
Dance12.jpg
Dance2.jpg
Dance02.jpg
こどもダンス選手権は、予想通りというか、やっぱりというか、
小さい子はいざ本番となると恥ずかしがって踊らない!
ダンス教室の講師のお姉さんが仕切ってくださり、
そこで小さい子がみんなで動きはじめて面白かったです。
中三女子2人が踊る時には、オケが途中で止まってしまい(発電機が止まり)、
なんとも申し訳ないことに…。結局その2人が優勝したのが救いでした。
ジョイントファクトリーさんからドライマンゴーのお菓子を先着参加者10名に提供していただき、
ジェニーズキッチンの下にある焼肉ぎゅうぎゅうさんから5000円のお食事券が優勝者に提供していただき、
なんとかギリギリ形になってよかったです。
次回こうゆうことをやる時は、早めに参加者を募って、段取りを考えて、しっかりやらねばと反省でした。

赤チン
DSC00282.jpg
子供の参加型の内容が、コドモパンクス、ちんどんパレード、こどもダンス選手権と、続いた後だったので、
子供達がお疲れ気味の中での赤チンで、
今回僕はカホン担当で、リズムをキープせねばと余裕ありませんでしたが、
赤チンはわかりやすくてシンプルで伝わりやすくていいなぁ~と思いました。

aokid
aokid-2.jpg
砂利の上ということを全く気にせず、砂まみれで踊りまくりで、
公園と子供×子供心を感じさせる踊りのaokidという組み合わせがとても刺激的でした。
子供の頃の気持ちを思い出させるというか、
aokidくんのパフォーマンスは、他の何とも違って、見てて不思議に熱くなってくる、
説明できない凄い何かのような気がします。

URiTA
Urita-1.jpg
そして、何度も見たことがあるのに、またしても見たことのないルックスで登場のURiTAさん!
歌手なのか芸人なのかダンサーなのかパフォーマーなのか、或いはそれら全部なのか。
歌自体は、いつも爽やかな声で巧くてしっかりしているのに、
それをぶち壊すようなメイクや衣装とパフォーマンス!
最後にオケにギターを合わせて歌っていた時は、
途中で発電機が止まってしまいましたが、それが演出かのように、
ギターと生声での歌がステキで素晴らしい瞬間になってました。URiTAさん毎回最高です。

Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(2) | top↑ |

【ぐるぐる回る2011】終了!!

2011.09.30 Fri
【ぐるぐる回る2011】無事終了しました!!
Festa Stageとコドモパンクスのキュレーターをやりました。

バンドのブッキングから、ドリンクや氷の発注、機材のレンタル、
ステージの装飾、キッズコーナーの内容、コドモパンクス、照明をどうするか、
などなど、少ない予算とニラメッコしながら、
1から作っていく感じで、恐ろしく忙しかったです。

関わった方々、本当にありがとうございました!!
当日は猛烈にバタバタしていて、疲れ果てましたが、
ビデオと写真を見ると素晴らしくて、何もかもがよかったように見えてきます、
迷惑かけつつ、色んな人の善意でギリギリ成り立った感じでした

写真は、オフィシャルのものや、知り合いが撮ったものが、
これから色々出てくるので、おいおいまとめて書きますが、
とりあえず携帯で撮った何枚かを載せます。

コドモパンクスはいつ盛り上がってるのかわからず、
ステージの合間に何回か行ったものの、1回しか写真やビデオを撮れませんでした。
カメラマンがいい写真を撮っていてくれたらいいなぁ。

110923_181853.jpg
Festa Stageの看板 by ヨーコ

110924_160719.jpg
コドモパンクスから

110924_141813.jpg
ステージ

110924_141313.jpg
ピスタチオによる楽器工作コーナー

110924_135719.jpg
子供のお絵描きコーナー

110924_110202.jpg
コドモパンクス①

110924_110143.jpg
コドモパンクス②

110924_110108.jpg
コドモパンクス③

110924_141821.jpg
Live


前日の朝、
とんでもない大渋滞にハマッて、
家から埼玉スタジアムまで、1時間半の予定が(下見に行った2回はそれで着いてた)、
なんと3時間かかって、着いた時点でグッタリ。

レンタルの長テーブル、パイプ椅子、脚立、を受け取りにぐるぐる歩き回る。
そして、もっぱら装飾。大量のドリンクを受け取ったり。
氷を入れるプールをふくらませたり。

とにかく会場が広くて、何を受け取りに行くにも時間がかかる。
子供のお絵かきコーナーの準備で、大量の段ボールを組み立てる。
テープカッターを忘れたため、とても面倒。
雄二が西日暮里のアートギャラリーHIGUREから借りてきてくれた照明をチェックしたり、位置を考えたり。
HIGUREから電源コードを大量に持ってきてくれなかったら、やばかったなぁ。
コドモパンクス入口の雄二の装飾はなかなか難航。1日で作るのは大変なんだなぁ。

夕方、予定よりだいぶ遅れて機材が到着、したものの、
機材車がどこに来たのかわからず、雄二と元我堂の黒田さんと3人で、ぐるぐる探す。
PA機材のセッティングは、埼玉の良心的な機材レンタル業者N.A.Mがやってくれるも、
時間が遅くなった為、音出し中止!に。
片付けは自分達でということで、片付け方を必死に覚える。

当日、ムツがなかなか来ないと思ったら、
まさかまさかの『さいたまスーパーアリーナ』に間違って行ってた!

機材を、今回初めてお会いしたスーカナさんと、
お二人の方に再びチェックしてもらいつつ、
アンプをチェックし、コドモパンクスの準備をしつつ、
ニーハオとウリタさんのセッティング。

腕章やパスを渡すのに走り回る、
会場の受付から、近めのステージでほんとによかった。

ドリンクを冷やす用の大量の氷を受け取り、
ニーハオとウリタさんのサウンドチェックが無事終わって一安心。

無事、ライヴが始まり、ホッ!
と、するも、今度は時間が押し気味になり、冷や汗。
ビデオも、撮影スタッフを集められなかったので、
雄二と交代で撮りつつ。

ニーハオはたっぷり持ち味フル回転!
華やかで、やっぱりフェスに合うギャルバンだなぁと思ったり。
ウリタさんはサポートの方が見事に息が合っててビックリ!
ウリタダンスのキレがグレードアップしていたのにもビックリ!

そしてKiiiiが到着、するも、
会場のアーティスト控室がどこに変更になったのかわからず、冷や汗。
何年振りかで見たKiiiiiのライヴは、昔と変わらない迫力と、
飽きさせないバリエーションの豊富さにシビれ、お客さんもいっぱい。
大盛り上がりのKiiiiのライヴが無事に終わり、
次は、アンプ類を使わない赤チンなので、ようやく一息。

その間、コドモパンクスが盛り上がってて、面白いことに。
慌ててビデオ撮ってたら、赤チン始まる時間で、
キリンを車に忘れてたので、急いで車に取りに行き、キリンダンス。
途中から通路に寄って、お客さんの呼び込み気味に踊る。
いつのまにかTASKEが踊りまくってた!
コドモパンクス担当の高橋秀樹さんも途中入ってきてたり、
やんややんやの愉快なお祭りライヴ!
この日の赤チンメンバーには、キッズメンバーがいて可愛かったです!

赤チンライヴが無事に終わり、
釣り銭が足りなくなってきたので、
自販機に崩しに行ったりしつつ、

再びニーハオ/ウリタ
時間にヒヤヒヤしつつ、
ニーハオのCDが売れてて喜びつつ、
gloptinさんらに、借りたドラムと、業者から借りたドラムの、2台を片付けてもらう。

最後は、自分がギターを弾く、青天の霹靂。
予想以上に、会場の壁や床の反響が大きく、
ベースやボーカルがよく聞こえず、冷や汗。

更に、ライヴが始まり、ヨーコちゃんがジャンベで登場すると、
前日当日と、とてもいい子にしていた
うちの一歳娘が、ここでまさかまさかの大泣きクライマックス!
どうしょうもないので、ヨーコちゃんがオンブし、なんとかなり。
最後は、皆で「デイドリームビリーバー」。
楽しい反面、時間が押し気味で、また冷や汗。

無事に終わり、即、大急ぎで片付け開始。

代車がなくなってたので、代車を探したり、
てんやわんやで、みんなガッツリ動いてくれて、大方、片付き、
余った氷が溶けだして冷や汗。

集合時間に集合場所に行くも、
なかなか予定されていた掃除周りは始まらず、
戻っては片付けを進め、戻っては片付けを進め。
なんだかんだで主催者不在での解散になり、

スタジアムを出て、適当なところで、氷を溶かし、
腹ペコだったので、かつやで弁当買って食い、
道はスイスイ進むと思いきや、首都高で大渋滞して、また延々時間かかり、
猛烈な睡魔にやられ、少し仮眠。

で、なんとか帰宅。
身も心も疲れ果てました。

後日、gloptinさんから借りたドラムのタムの皮が2枚破れてたことを知ったり、
ビデオを見たら、頭上のかなり上から吊るしていた、ヨーコちゃん作のハチドリ(段ボール製)が、
黒田さんのファインプレーで、頭の近くまで降りてきてて面白かったり、
終わってからも色々!




Theme:LIVE、イベント | Genre:音楽 |
Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ハテナデリカ、子連れ歓迎ヴァージョン、無事に終了しました!

2011.01.21 Fri
思っていたより遥かに余裕なく大変したが、
トラブルもなく、終始ピースフルな感じで、
初めての子連れイベントとしては大成功だったと思います。

思ったよりも子供たちはおとなしく、
オオカミのジョンさんをジーッと凝視していたり、
鉄琴や太鼓や、おもちゃ楽器や、ぬいぐるみ楽器を、
珍しそうに見たり叩いたり、

うちの7ヶ月の娘は、初めてライヴハウス的な所へ連れて行ったので、
音量や刺激など、やる前は不安だらけでしたが、
いざ行ってみると普段よりあまり泣かず、
よその子たちをジーッと見ていたり。
普段こんな長時間お店に連れて行ったことなかったけど、
多少グズッて泣いたくらいで、特に問題はなくホッとしました。

ライヴの写真などはまた今度。

今回さほど問題なくうまくいったので、是非次回もやろうと思います。
次回は3/27(日)、同じ店で同じ時間でやります。


1番目:『ムツミデラックス』
ムツミの弾き語りをドイギターでサポートという形。
練習1回だった割にはいい感じになったような。
ループとか色々工夫しようか迷ったけど、練習1回の歌ものなので、
普通にギターにして、さほど問題なく。
今は普段ギター弾く時間がないので、ギターのフレーズを工夫出来なかったり、
自分に余裕なかったのが残念。

転換:『紙芝居』
家で練習したかいがあり、概ねスムーズにできました。
ヨーコちゃんが前日まで咳が出て声の調子が悪かったけど、当日は全く問題なく。
次回やる時は今回をふまえて、発展させてよりよくできそう。

2番目:『金田貴和子』
前回は声が苦しそうなところがあって心配だったけど、
この日は一切そんなこともなく、綺麗な高音にうっとり♪
最後のおもちゃキーボードもよかったなぁ~
ライヴ中、うちの娘がグズり気味で、集中して見られなかったのが残念!

転換:『童謡DJ』
準備不足だったけど、なんとか形になったような。
低速「アブラハムには7人の子」「オバケなんてないさ」
高速「糸巻きの歌」「お弁当箱の歌」
低声「ぞうさん」を歌ってループなど。
次回は、事前に録音したりして、もっと色々出来そう。

3番目:『ニーハオ!』
2人になってのニーハオは初めて見ましたが、
青ジャージのゆかりさんは、昔どおり華やかに爽やかに弾けつつベースと歌、
赤ジャージのありこちゃんはドラムとサンプラーと歌をやっていて、
ニーハオならではの、ローファイでカワイイカッコイイ感じで素敵でした。
やっぱりニーハオはニーハオであり、ニーハオならではの感じ♪
そうそうこの感じ!と思いました。

ゆかりさんの子供の共鳴くん(3歳)は、
リハでは、なんとゆかりさんが抱っこしながらで、
しかも超嬉しそうで、うちから持って行ったギターのおもちゃを抱えて、
リハから面白い光景でした。
ライヴではニッコニコで客席走り周り。
前日にニーハオのblogて、ありこちゃんが誕生日だと知り、
何をあげようかバッタバタで考え、
ヨーコちゃんが名前の刺繍入りぬいぐるみをプレゼント。
それを頭に載せておどけてた姿がかわいかったなぁ。
ハッピーバースデーも歌って祝い、喜んでもらえてよかった!

転換:『操り人形』
最初は、巨大なキリンのジーナちゃんを持って行こうかと話していたけど、
結局ウサギ年に合わせてウサギと、動きのいいサルに。
バックに流す音を決めてなかったので、どうしようか焦りつつ。
次回は、操り人形をもっと目立つ感じに何か演出できたらいいなぁ。

4番目:『ジョン(犬)』
客席から歌いながらオオカミ登場!
「ティリティティ」「オチョナン」「2色のごはんの歌」「ささってる」など、名曲目白押し。
もはや、童謡のような、子どもの頃から聴いてきたかのような口ずさめる馴染み深い歌って感じでした。
立ってアカペラで民謡のような歌をやったり、
最後は、アカペラで面白い歌を身振り付きで歌いながら退場!
始まりから終わりまで、見事な演出!やっぱり凄いなぁ。
子供たちは、意外に泣かず、オオカミを凝視していて、その様も面白かったなぁ。

5番目:『コドモタイコ』
最後は子どもも自由参加のセッション。
やりながら、どうしたら子供が弾けてくれるだろうかと悩んだりしつつ。
子供達は意外とおとなしく控え目に太鼓を叩いたり、おもちゃを鳴らしたり。

意外と、子どもって真面目で誠実な感じがするものだなぁと。
ぬいぐるみ楽器をジーッと見る子がいたので、
近づけてみると怖がられたり、笑
マイク近づけると、無理です!って顔をされたり、笑
どんな感じに持っていったらいいのか迷い、
スリルいっぱいで面白かったです。


お店側は、かつてなかったであろう、やっかいな試みが沢山だったのに、
全面的に喜んで賛同してもらえ、助かりました。
何やってもいいですよって感じで協力してもらえる、
このお店じゃなければ、なかなか踏み出せなかったイベントでした。

予想していたより、DJやライヴで忙しかったり、
どんなスタンスで仕切っていいのか迷ったり、
お母さんたちが輝いて見えて眩しくて子供達に絡めなかったり、
ヨーコちゃんは娘の世話もあったりと、
思ったより、てんやわんやでしたが、
ムツがうまいこと仕切って手伝ってくれたので、なんとかなりました。
助かったぁ~~

出演者もお客さんもお店も、みんなとても協力的でピースフルだったので、
何も問題なく、色々と勉強になりました。
次回は、事前にもっと詰めて余裕持って出来そうな気がする。

弟がイイ感じにビデオ撮ってくれたので、
そのうち映像か写真を問題ない程度に多少アップすると思います。

Theme:LIVE、イベント | Genre:音楽 |
Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Sion 12/23 @代官山Unit

2008.12.21 Sun
SIONを見に行きました。

SIONは毎年恒例の12月アコースティックライヴ。
今回は結構前の方で見られて、顔や動きや表情がよく見え、
見えると凄さが倍増。

滅茶苦茶かっこよく、滅茶苦茶お茶目で、感動したり笑ったり、聞き入ったり、歌詞が染みたり、大満腹な2時間でした(2時間半くらいやったのかな?)。やーやっぱシオンはスゲェ。吹っ飛ばされました。

やった曲は、
宅録アルバムから「スライド」「カラン」「住人」「ハレルヤ」「光へ」





Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Bjork 2008-2/22 @日本武道館

2008.02.23 Sat



ステージ上は、ビョーク族の祭りというか、
ビョークの村、ビョークの国、ビョークの星、のよう。
酋長ビョーク。女王ではなく酋長。

ステージセットや衣装、動き、バンドの編成、アレンジ、
全部ひっくるめて、ライヴ全体がビョークの表現みたいな、
あらゆる部分にビョークの意志を感じさせられ、
ライヴが始まる前から終わってからも、
ここにビョークがいる、ビョークが発してる、という感じがしてドキドキしてました。

席は、2階の1番前。
武道館ではアリーナの1番前以外では、1番見やすくて良い席だった気がする。




Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Slits / Adrian Sherwood 2007@O-East

2007.10.28 Sun
楽しみにしていたスリッツ再結成来日ライヴ、
いやはや楽しすぎて、最高でした。
こんな楽しいライヴ久々に見たなぁ。

久々にOn Air East改め、O-Eastに行きました。
On Air Eastは、96年くらいに、
SlyのBass、ラリーグラハムの来日に行ったのと
(このライヴ最高でした)、
01年くらい?に、ロニ・サイズがMCダイナマイトらを連れて、
DJ Liveをやった(これ最高でした。MCダイナマイト最高。オールナイトでアゲアゲ)のを見に行って以来でした。

あれ?場所がわからないと思ったら、
外装が全然変わっていて、Duoという店だと思ってた隣に。

入ると、Dry&Heavyの?マイによるDJ。いい感じ。
次に、キラシスタという女の子3人での渋~~~いダブを、
インストでひたすらやるバンド。
音も渋ければ、見た目もパフォーマンス性ゼロで渋い。
なんともシンプルでコアなダブをひたすらやっていました。

個人的には、今回のスリッツの前座は、
女の子ってことに拘らずに、
こうゆう正統派なダブバンドよりも、
名古屋の「のうしんとう」にしてほしかったなぁ。

そして、Adrian Sherwood登場!!




Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ひかり祭 2007

2007.09.28 Fri
★『ひかりまつり』

8/31-9/1 『ひかり祭 2007』へ行きました(行くの3回目)

初めて『ひかり祭り(第2回 2005年)』行った時、これこそが理想的なフェスであり、
自分がやりたかったイベントだと思ったくらい最高でしたが、
去年はファイヤーダンスがプールに移行して少しダウン、
更に今年のファイヤーダンスは、
一般の人は入れない屋上でひっそり…。

まー見たい人は上っていたので、上って見ましたが、
校庭のライヴの音が邪魔で盛り上がりきれない感じ。
ファイヤーダンスあってこその
『ひかり祭』だと思っていたのでガックリ。




Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

二階堂和美 アースデイ@代々木公園

2007.04.29 Sun
★『二階堂和美』ライヴ@代々木公園
日曜にアースデイへ行ってきました。

二階堂和美さんのライヴ見ました。
ライヴ見るのは、多分3~4年振り、4回目くらい。

今、広島に住んでいるそうな。
でもって、お坊さんを目指して(?)いて、修行中(?)だとか。

MCも面白く、そしてやはり歌やパフォーマンス素晴らしく、
ユーモアを交えた素敵なライヴでした。




Category:▼ライヴレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |